キッチン

家族の食生活を支えるキッチンスペース。
そんな大切な場所だからこそ、料理をスムーズに行うための使い勝手の良い設計が欠かせません。
冷蔵庫や食器棚、シンクに調理台、コンロや電子レンジなど、限られたスペースにたくさんの設備を設置しなければならないため、無駄なスペースを極力作らず、収納力に優れたキッチンを実現いたします。
今のキッチンで気に入っているところ、不便なところを洗い出し、使い勝手を一つひとつ追求していくことが、リフォーム成功のポイントです。

一般的なキッチンの寿命は、およそ15年~20年と言われています。
使用頻度やお手入れの具合によっても耐久年数は多少変動しますが、水漏れやビルトイン機器の不具合、カビによる腐食や油汚れなどが気になりだしたら、そろそろリフォームを検討する時期だといえるでしょう。

キッチンリフォームのポイント

● キッチンスタイル

キッチンのスタイルはI型やL型、U型、アイランド型など様々。
お部屋の広さや、ライフスタイルに合わせてベストなものを選びましょう。
対面式のキッチンを選べば、家族とコミュニケーションが取りやすく、会話をしながら調理を楽しむことができるでしょう。

● 調理中の動線

冷蔵庫や食器棚、調理台など様々な設備が混在するキッチンだからこそ、動線は最重要。
食材の取り出しから調理、配膳、片付けまで、スムーズに行える位置関係、スペースを確保することが大切です。
キッチンの広さも考慮しながら、最適なレイアウトを考えます。

● キッチン台の高さ

キッチンカウンターはどれも同じ高さではありません。数通りの高さがあるため、最も使いやすい高さのものを選ぶようにしましょう。
目安としては、身長÷2+5センチが理想と言われています。

● 収納スペースの確保

食材のストックや調味料、電化製品や食器類など、様々な小物が混在するキッチンスペース。
スッキリと綺麗に片づけるためには大容量の収納が必要です。
収納棚を設置する際は、キッチンを最も使用する人の身長に合わせて、設計するように心がけています。

一覧ページに戻る