下水の切替え工事

下水の切替え工事とは、浄化槽から公共下水道への切り替えを行い、生活排水を下水道本管に排水できるようにする工事のこと。
公共下水道が整備されていないお宅の生活排水は、屋外に排出されています。
下水切り替え工事を行うことで、生活がずっと衛生的になり、河川の水質汚染防止に貢献したり、浄化槽特有のニオイを改善することができます。この他にも様々なメリットを生むため、切り替え工事をオススメしています。

下水切り替え工事のメリット

●汲み取り式トイレ→水洗トイレで安心

汲み取り式トイレから水洗トイレに変更することができるため、お子様からご年配の方まで安心してお使いいただけます。

●衛生環境が良くなる

便層・浄化槽を撤去するため、ハエや蚊の発生が無くなり伝染病の予防にもなります。

●メンテナンスの負担がなくなる

定期的な便層の汲み取りや浄化槽のメンテナンスの必要が無くなります。

●環境汚染の防止

生活排水が屋外に流れることなく、公共下水道を経由し下水処理場に集められ浄化されるので、河川の水質汚染防止や悪臭の予防に貢献することができます。

●土地の有効活用

便層・浄化槽を撤去するため、その跡地を別の用途に有効活用することができます。

一覧ページに戻る